« 『金魚と海のいきもの展』 | トップページ | フェースブック始めました!~『らんちゅう至上主義 論外。FB』~ »

2016年7月 4日 (月)

立体模型で検証

春日井市のKさんにフィギュアを作ってもらいました。

立体模型で“獅子頭らんちゅう”と“一般らんちゅう”の比較です。

作製されたKさんの造形感覚は見事です。忠実に再現されています。スタイロフォームの削り出しで作成されているそうですが、普通の人じゃできません。

20160621_094246_r_3
左が獅子頭らんちゅう。右が普通のらんちゅう。右は協会系とか宇野系とか系統関係なく普通に見ますよね。だから“普通の一般らんちゅう”。

●頭は、好みとかそういう問題ではなく、肉瘤がどれだけ明確に表現されているかがポイントです。右も肉瘤は上がってますが、左と比較すれば貧弱だと分かりますよね。

●背の低さと背幅も比較してください。体高があるのは右です。

後から見るとこんな感じ。
20160621_094313_r
峰の意味が分かりますか?背がとんがり屋根のようなのはどちらでしょう?もっとエサを与えるととんがり屋根も目立たなくなります。それが飼育者の技術。

上見はこんな感じ。
20160621_094319_r
左は頭部が小さいのが分かりますよね。エラが後退しています。右の半分程度しか頭部がないんです。
峰が見えます。腹部が膨れています。左は背幅のない金魚だとこれだけで判断できます。

横見はこんな感じ。
20160621_094355_r
奥の金魚は、背出しが頭部に食い込んでいるので頭部自体は小さいです。背が高いのも良く分かりますよね。腹も垂れています。体高があるということは泳ぎやすいことの裏返しです。

真後ろから見ると、こんな感じ。
20160624_051518_r
二階建て、背に嫌な肉が盛っている、峰系、オムスビ型等々の表現をよく聞きます。

20160624_051453_r
理想的な丸胴。輪切りにしたら限りなく円形に近いですよね。これが理想です。背幅の見方分かりますか?上から見ると背幅しかない魚。腹幅ではなく背幅。

20160624_051607_r
前から見るとこんなに違います。同じらんちゅうだと思えますか?

左は顔以上に背が前から見えていますよね。それだけ背が高い証拠です。

宇野先生が目指されていたらんちゅうとはどちらのらんちゅうなのでしょう??

らんちゅうの一番大切にしなければならない形質とは?

現状、宇野先生の池から出て来た純粋な血統魚と云えども左右の違いが出てきているんです。

だから血統よりも上位に位置する大切なこととは、『形質の保存・維持』なのだと思うのです。

|

« 『金魚と海のいきもの展』 | トップページ | フェースブック始めました!~『らんちゅう至上主義 論外。FB』~ »

【3】魚の見方・考え方」カテゴリの記事

コメント

凄い凄い、これは凄いですねえ。
写真見た時、ふんぺいさんもついに剥製作らはったか。と思ったけど、スタイロフォームですか。
工作物としても凄いけど、魚の特徴を本当に見事に再現してらっしゃいますね。
で、また素赤と鹿の子更紗ってのが、くすぐりますねえ(^o^)

投稿: 瘤太郎 | 2016年7月 8日 (金) 19時10分

瘤太郎さん、こんにちは。

あはは!剥製か!そこまで行ったら気が触れているとしか思えませんなぁ。

とにかく彼の再現力は凄いとしか言いようがないです。
立体模型があれば具体的に説明し易いので大変助かります。
もうここまで来れば売り物として成立しますね!

投稿: ふんぺい | 2016年7月 9日 (土) 10時53分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/530767/63861959

この記事へのトラックバック一覧です: 立体模型で検証:

« 『金魚と海のいきもの展』 | トップページ | フェースブック始めました!~『らんちゅう至上主義 論外。FB』~ »