« らんちゅう比較論 | トップページ | 『金魚と海のいきもの展』 »

2016年6月12日 (日)

私が尾のことを言わないワケ

よく誤解されているので書いておきます。(埋もれるので定期的に)

時々、こんな声が漏れ聞こえてきます。

●「ふんぺいは、頭やら胴のことを五月蠅く(うるさく)言うが、尾のことは何も言わない。」

●「尾の重要性を言わないのはおかしい。」

等々・・・・。

ごもっとも。(^^;)

現在の宇野系も協会系も、どちらも尾中心主義が主流。それしか存在しないかのように。(^^;)

尾まくれはハネの対象。

尾が弱いのはハネの対象。

20160610_083523


私も品評会一辺倒で育成をしていた時、夜中まで電灯の下で選別をしたものです。針仔の時分はヘッドルーペを装着して尾が良い個体だけ残してあとは前の川に流す。

早い時期から池がスカスカになって当歳はすぐ大きくなりました。

選別ってシンドイだけで退屈な作業だな~ってずっと思っていました。初めは面白かったけど・・・・。

機械的に選り分ける作業なので誰がやっても同じ結果になるはず。

なのに結果が違うのは何故?どこで差が付いた?

技術?環境?

私が辿り着いた結論は、使う親なのでは?・・・・です。

親魚と種魚とは一緒なの?

そのような問いが頭の中でグルグル。

尾が良い仔を多く輩出する親が良い種親?

尾しか良くなくて頭も胴もそこそこならそれで良いのか?

尾がそこそこで頭や胴がピカイチならどうするか?

そして勉強していくうちに、頭と尾は相反することに気が付いたんです。

ならばとりあえず、尾はこちらに置いておいて、頭と胴を追求するべきと考えました。

尾全般は大半の愛好家がシビアに見て来たんだから、その方達にお任せしたら良いのだと考えたわけです。

ブログで書く必要がないくらい皆さん尾については詳しいので、単に割愛しているだけなんです。尾が大事だと仰るのは良く分かります。分かった上で、ひとまず他の部位を見ましょうよって言うのがこのブログの主張なんです。

だから尾に関しては、わざわざ私が声を大にして言う必要はない。

決して尾を疎かにしているわけではないんです。それよりも造形物として大事なものがあるからそれを意識しましょうって言っているんです。

色々調べてみると、私が主張していることと同じことを先達が仰っているのに現代の愛好家が忘れてしまっているのだとも気が付きました。

だから少しでも軌道修正できるようにアナウンスするのが必要ではないか、と。

ただ単に、他のサイトのように、日常の飼育を記録する備忘録的なことより、こんな考え方もあるよ、先達はこう考えてこうしてきたけど今はどうも違うよね、ってことを多くの人に気が付いてもらいたいだけなんです。

残念なことに、自説に都合の良いような資料や一部の愛好家の偏った言説だけを信じて裏も取らず知ったつもりでいる若い愛好家が多数存在します。

そもそもらんちゅうの成り立ちも勉強しないでらんちゅうを語ることのナンセンスに気が付いてほしいです。

そのような風潮を少しでも改善したい。

それだけがこのブログを続ける原動力なんです。

決して自説を押し付けたり、自己顕示欲で他人の趣味を否定しようと思っているわけではありません。

自分が有名になったりお山の大将になりたいわけでもありません。

勘違いしないでくださいね。

私がネットで情報発信するのは、多くの愛好家と繋がり、らんちゅうを深く知って私の知らないことを教えて貰う為にしているんです。そして少しでも多くの賛同者を作りたいがため。らんちゅうという趣味は一人でやるには限界があるんです。宇野仁松という人は、そのことに早くから気付いていたんです。

多くの人から集めた情報を独り占めするのがもったいないからこうやってブログで発信しているだけなんです。別にこんなブログ、いつでも閉鎖したら良いんです。

もうそろそろこのブログの使命も終わったかな?ともこの頃考えています。

情報が欲しい人だけに、良質な情報が提供できる方法を模索する時期かなと考えるようになってきました。

まさに宇野系らんちゅう、宇野らんちゅう、京都らんちゅう、京都筋らんちゅうなどと言葉が独り歩きして混沌化する時流に掉(さお)差すことの意味を問い直すことが必要なのでしょうかね。

ダラダラと思ったことを徒然に書いてしまいました。

ま、今の心境なのでこのままエントリーしておきます。(^^;)

|

« らんちゅう比較論 | トップページ | 『金魚と海のいきもの展』 »

【3】魚の見方・考え方」カテゴリの記事

コメント

ふんぺいさん、はじめましまて。
ブログいつも、楽しく拝見しております
私、今は、らんちゅう飼育してないのですが、いつか宇野系を飼育したいと、思っております。(以前は、大野らんちゅうを、飼育していました。史上主義で紹介されてましたね(*^_^*)
ゆっくりで、良いので魅力のある、らんちゅうを、これからも、ブログで、見せていって下さいね。

投稿: ペコ | 2016年6月20日 (月) 09時27分

ペコさん、はじめまして!
コメントありがとうございます。
返信が遅れまして申し訳ありません。

大野さんがご存命の時お話しをお聞きできたのは私にとって良い思い出です。

ブログの応援ありがとうございます。
この頃更新件数が少なくなっていますが、思うところがあり、今後またご案内させていただきます。

今後ともどうぞよろしくお願いいたします。(#^^#)

投稿: ふんぺい | 2016年6月28日 (火) 05時12分

 こんばんわ。
 らんちゅう歴5ケ月のうさぎと言います。やっとすべての記事を読み終えました。
 
 昨年中古の戸建てに引っ越した際、通路かと思うほど狭い庭にあったツゲの木を切り、切り株を掘り起こした時、掘った穴をただ埋め戻すのも面白くないと考え、そこに縁石を配した小さな観賞池を造りました。
 当初はそこにペットショップの安価で小振りな琉金や桜錦などを泳がせて愉しんでいましたが、今年になってペットショップで偶然見掛けた小さならんちゅう2匹を追加したことが、その後らんちゅうに傾倒していく切っ掛けになりました。(後日らんちゅう1匹と琉金など計4匹が猫被害の犠牲になりましたが。。。)
 
 当時らんちゅうについての知識をほとんど持っていなかった私はインターネットで情報を漁る毎日でしたが、まだ協会系や宇野系と言う言葉の意味も理解出来ていなかった4月、近くで見つけたらんちゅう専門養魚場を訪ねてみました。
 はたして初めてまじかに見る養魚場のらんちゅうは艶やかで美しく、ペットショップのものと同じ種属とは到底思えない魅力に満ち溢れていました。また価格はサラリーマンの私の貧弱な財力でも手が届く範囲にあったため、結局3週に渡って合計二歳魚を4匹(雌雄各2匹)と当歳黒仔6匹を連れて帰って今に至ります。(黒仔は体長4cmほどに育ち、すでに退色も完了しました)
 またらんちゅうの飼育と(今年は無理でもせめて来年以降の)繁殖のために狭い庭のスペースをやり繰りして、70Lケース3個と45Lケース2個を並べ、ブロアーや飼育用具収納用ラックなども設置しました。
 
 その後、協会系や宇野系と言う言葉の意味が朧気に分かりかけてきた頃、「らんちゅう至上主義」そして「らんちゅう至上主義。論外」に行き当たり、特に論外の情熱的で論理的で科学的な内容に感銘を受けて、思わず最初の投稿から読み込むことにしました。
 ちなみに論外を読み進む内必読の書と感じたため、先々週には「らんちゅうのすべて」と「新らんちゅうのすべて」の両方を入手しました。
 
 論外を読み、らんちゅうのすべてのページをめくるにつれ、まだ見た事ない宇野系への憧れがどんどんと大きくなり、飼育スペースの関係でふんぺいさんのような系統だった科学検証的繁殖や飼育は到底無理なものの、私も宇野系の飼育や繁殖をしてみたいと強く思うようになりました。
 そしてついに先週、宇野系を入手出来ればと思い、関西西部の宇野系養殖場を訪ねてみました。訪ねる前は「多くの魚を飼うことは無理なので、来年春に種魚として使えそうな二歳魚または三歳魚を雌雄で数匹か、または黒仔なら無選別で数十匹くらいを欲しい」などと夢を膨らませていましたが、しかし養魚場に着いて話を聞くにつれ、私の財力ではまったく手が出ない価格にびっくりするばかりで、帰りの車中は絶望感に包まれていました。
 
 と言う訳で、とりあえず私の宇野系飼育の夢と憧れはいったん横に置こうと思いますが、しかしふんぺいさんの「ただらんちゅうの良い形質を繋いでいく」と言う考え方には強く引かれますので、これからも応援しております。
 今になって私の10匹の協会系(と1匹のペットショップ系)を改めてよく見ると、やはり背が高めで、鰓も後退気味であり、フンタンはあるものの頭はまださほどありませんので、来春これで仔引きに挑戦していいものか思案しますが、まずは今を健康に飼育してあげたいと思っています。
 
 今後も時々お邪魔させて頂きたいと思いますので、よろしくお願いします。
 

投稿: うさぎ | 2016年6月30日 (木) 01時24分

うさぎさん、はじめまして!

このブログがお役に立って光栄です。

らんちゅうに対して従来とは全く違うアプローチをしています。ですので既存の愛好家からあまり良く思われていない部分もあるみたいで、何事も全てを鵜呑みにするのではなく、自分の頭で考えて行動してくださいね。

さて、絶望しないくても大丈夫です。宇野系はアマチュアがほとんどなので比較的安価で入手も可能です。

必要とあらばご紹介もしますし、拙宅の見学も可能です。お気軽に!

それではまた!(#^^#)

投稿: ふんぺい | 2016年7月 3日 (日) 08時16分

>絶望しないくても大丈夫です。宇野系はアマチュアがほとんどなので比較的安価で入手も可能です。

>必要とあらばご紹介もしますし、拙宅の見学も可能です。お気軽に!

お心遣い、ありがとうございます。

私は明石市在住ですので、滋賀まではちょっとした小旅行気分となりますが、そのうち親魚や飼育環境などを勉強がてら見せて頂けると幸いです。

なお、ふんぺいさんの文中に時々登場する昔のTV番組ネタなどから、もしや世代は近いのではと推測しています。

私は幼かったので1回目はさほど記憶に残っていませんが、2020年は2度目に見る東京オリンピックになります(苦笑)

投稿: うさぎ | 2016年7月 3日 (日) 21時51分

うさぎさん、こんにちは。

多分同年代ですねえ。(^^;;
東京オリンピックは五歳だったかな?
鉄人28号、スーパージェッター、エイトマンがドンピシャです!(^-^)

投稿: ふんぺい | 2016年7月 9日 (土) 10時46分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/530767/63747359

この記事へのトラックバック一覧です: 私が尾のことを言わないワケ:

« らんちゅう比較論 | トップページ | 『金魚と海のいきもの展』 »