« 福寿草に会いに~霊仙山~ | トップページ | 鳥獣被害続発!! »

2016年4月 1日 (金)

【追悼】池山五郎氏死去~大阪らんちゅう愛好会会長~

2016年3月17日、大阪らんちゅう愛好会の池山五郎会長が逝去されました。 78歳。

急性心筋梗塞だそうです。大阪らんちゅう愛好会の尾薗氏のツィッターで知りました。

まだまだ活躍していただきたかったのに残念です。

池山氏と知り合ったのは、1998年向坂養魚場での大阪らんちゅう、オランダシシガシラ、南京、土佐錦魚の合同品評会場ででした。もう20年ほど前になるんですね。

当時は、芋づる式に、

フィッシュマガジン誌の井上外喜夫氏の“京都筋らんちゅう”を読んで、、、
                ↓
(1)“京都筋らんちゅう”=“宇野系らんちゅう”
                ↓
(2)“宇野系らんちゅう”の創始者=宇野仁松
                ↓
(3)宇野仁松=蘭鋳花伝での対談
                ↓
(4)宇野仁松と大阪らんちゅうの関係
                ↓
(5)大阪らんちゅうの成り立ちと現状の調査
                ↓
(6)大阪らんちゅう愛好会の存在
                ↓
(7)そうして向坂養魚場での品評会見学で池山氏と出会ったわけです。

小柄に似合わず大変エネルギッシュで豪快な方でした。遠くに居ても声の大きさで分かるぐらい。

お話しを聞きたいと申し上げたら「うちに来い。」とのことで、池山氏のクルマに付いて行ったのですが、そのワゴン車の速いこと速いこと。。。(^^;)

浜松のお宅では、ガレージを改良されて上部濾過で飼育されていました。とにかく魚体の大きさにびっくり。南京の飼育にヒントを得てされていたのでしょう。

当時、実は私はどちらかというと、向坂養魚場のオランダシシガシラの愛好会のほうに興味があったんです。オランダシシガシラと言えば弥冨産の短手オランダが主流になっていたんですが、従来の長手のオランダにスポットを当てようとしていたんです。

丁度『オランダ通信』なるサイトも立ち上げ情報の発信を始めていたんですね。ほとんど情報が無かったので手探りでやっていたんです。長手オランダの調査の真っ最中だったんです。

池山氏は、オランダシシガシラにも造詣が深く、向坂養魚場のオランダの愛好会も氏が立ち上げたそうです。氏は長手オランダを「日本オランダ」と呼んでおられました。二つの国の名前があるだけで、素人には何のことやらわかったものではありませんね。(笑)

O2 池山氏の1998年当時の大阪らんちゅう

鼻髭が印象的。協会系らんちゅうをされていた関係と、周りの環境から予想以上に大きくされているように感じました。

O1

まだまだ当時も改良途上だったんですね。丸尾は少なかったように感じました。

O3

親魚は肉瘤が出るんですね~

関西では獅子頭らんちゅうに押されて飼育する愛好家が絶滅したんですね。言い換えれば、大阪らんちゅうは、自然環境が変化して絶滅したんではないですよね。人という気まぐれな存在が飼育しなくなったから居なくなったんですね。

それほど危うい存在だと認識するべきなんでしょう。今のらんちゅうだって飼う人が居なくなれば絶滅してしまうんですから。

金魚の発展に寄与された方がまた一人居なくなりました。

池山氏にはもっともっと活躍して頂きたかったです。

心よりご冥福をお祈りいたします。

 

|

« 福寿草に会いに~霊仙山~ | トップページ | 鳥獣被害続発!! »

【7】金魚全般」カテゴリの記事

コメント

あら、そうだったんですね。知りませんでした。池山氏とは素人金魚立ち上げの時にナンキンをご持参下さってその大きさに驚いた事を鮮明に覚えてます。未だにあのナンキンに迫る大きさのナンキンは作れてないです。我々が金魚を始めた頃に指導してくれた先達も年を経る毎に段々と少なくなってしまいましたね。だからこそ今、後に繋げるためにもより多くの事を先達から吸収しないといけないですね。
ご冥福をお祈りいたします。

投稿: 上州 | 2016年4月 2日 (土) 23時17分

元大阪らんちゅう愛好会会員でありながら、全く存じ上げませんでした。僕のような素人同然の会員にも気さくに接してくださりました。うちでは、池山会長直系の魚は4歳魚2匹だけです。あんなにお元気だったのに、信じられません。ご冥福をお祈りいたします。

投稿: 団長アラカワ | 2016年4月 4日 (月) 19時48分

川田さんのF.B.で知りましたが誠に痛恨です。
 池山さんとは第1回の日本一大会で知り合い、毎年会場で穂竜愛好会会長のSさん、大阪らんちゅう愛好会の故磯部さんと意見交換するのが何よりの楽しみでした。
 その明朗快活さが何より印象的で会えば楽しくなる方でした。大声に耳も痛くなりましたけど^^
 金魚問答を発掘して送って差し上げた時にはたいそう喜んでおられたのが忘れられません。
 合掌

投稿: 花やん | 2016年4月 5日 (火) 11時51分

上州さん、コメントありがとうございます。

我々も次世代につなげる活動が必要なのだと痛感しています。この世を去った後、文化が継承されなければ存在価値がないのだと思うのです。

団長アラカワさん、ご無沙汰です。

私も危うくスルーするところでした。大阪らんちゅう愛好会も重鎮が居なくなって大変ですね。

花やんさん、ご無沙汰しております。

「金魚問答」花やんさんが発掘されたんでしたか!20年前は本当に資料がありませんでしたものね。
磯部さんもお亡くなりになっていたんですか。。。随分改良されていたような印象だったんですが。
何事も「継続は力なり」ですね。池山氏が居なかったら大阪らんちゅうの現在は無かったんですから。会員さんは乗り越えられて続けて頂きたいものです。

投稿: ふんぺい | 2016年4月 7日 (木) 03時37分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/530767/63418987

この記事へのトラックバック一覧です: 【追悼】池山五郎氏死去~大阪らんちゅう愛好会会長~:

« 福寿草に会いに~霊仙山~ | トップページ | 鳥獣被害続発!! »