« 金魚本~ハウツー本の数々 | トップページ | 日本愛らん会~見学~ »

2015年11月 2日 (月)

ご投稿御礼~一戸様~

日本らんちゅう愛好会の表紙を飾る絵を描かれた一戸勝氏からのご投稿を頂きました。

随分前のエントリーにコメントを付けて頂いたのでこちらで文章とともにご紹介したいと思います。ご本人はパソコンが苦手とのことなので、別エントリーとしてお目に留まれば幸いです。 なお、お礼のメールをさせて頂こうとメールしましたが、アドレスの記入間違いか戻ってきました。合わせて再度ご連絡いただけると有難いです。

Img_2

一戸氏ご投稿(10月30日)

:はじめまして、一戸勝と申します。

私も「らんちゅう至上主義」は何年も前から拝見し、知っておりました。今回、何年かぶりにホームページを開いてみましたら新しくなっているではありませんか。私はパソコンは、とても苦手としていますが、今回、投稿させていただくことにしました。

宇田川英夫氏、寺崎吉彦氏にはたいへんお世話になりました。両氏には私の所属している青森の愛好会の審査員を、何年もしていただきました。「日本らんちゅう愛好会」の会報や写真集の表紙に絵を描かせてもいただきました。
藤井氏にも、一度だけですが奥様とご一緒に私の師である、山口勝義氏の池でお会いしたことがあります。「宇野系らんちゅう」の伝道師と言っては、たいへん失礼にあたるかも知れませんが、夭折されたことには心を痛めるばかりです。
貴殿におかれましても、ますます「宇野系らんちゅう」の普及、発展にご尽力されることを願ってやみません。乱文ではありましたが、これからも拝見させていただきます。

ふんぺい返信

:一戸勝様

はじめまして、コメントありがとうございます。
寺崎氏の日本らんちゅう愛好会会報の表紙をいつも眺めながら、宇野系の特長を良くつかんで描かれていて、あのような魚が欲しいと思っておりました。

愛好家でなければ描けないでしょうし、同時に画力がなければ表現できないと思っておりました。

こんな拙ブログにご投稿頂き大変うれしく思います。

寺崎氏には大変お世話になりました。宇田川氏にはお亡くなりになる少し前に、有意義で貴重なお話しをお聞きすることができたのが私の財産だと思っています。

東北にには中々訪問できず忸怩たる思いでおりました。こんな形で一戸様と知り合うことが出来るとは思ってもみませんでした。

大変光栄に思っております。
 
時期を見て一度青森にもお邪魔したいと思っております。いつかお会いすることを楽しみにしております。

ご投稿ありがとうございました。

【宇田川式らんちゅう2より】

|

« 金魚本~ハウツー本の数々 | トップページ | 日本愛らん会~見学~ »

【1】告知」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/530767/62597637

この記事へのトラックバック一覧です: ご投稿御礼~一戸様~:

« 金魚本~ハウツー本の数々 | トップページ | 日本愛らん会~見学~ »