« 全残しの実際~9月の状況~ | トップページ | 宇野系らんちゅう品評会日程2015 »

2015年9月11日 (金)

良くなってる!

いくら“全残し”とか“数多く飼う”と言っても、私でも池には限りがあります。

一人では池がいくらあっても足りません。そういう時は、仲間に持って帰ってもらいます。結果が見たいがために全残しをしてるのに、金魚は大きくなれば収容しきれないんですね。

ですので、私は基本ハネをあげている訳ではないんです。

「あの時貰った魚がこうなりましたよ。」と見せていただくのが、何より嬉しいですし有難いんです。

画像や個体を見せて頂くと次の仔引きにフィードバックできるんです。

余り良くなってなかったら、「やっぱり」とか「なるほど」となるし、良くなっていても「やっぱり」とか「へ~」とか、感じることが一杯あるんです。それが私の経験になり財産になり、仔引きの精度をあげる資料になるんです。

そしてそれを仲間に還元していく。この循環を繰り返すことがらんちゅうの改良の真髄なのだと思うんですよね。

昨日、K氏よりメールにて画像が。

池の都合で三歳をお渡ししたのですが、「こんなになった!」と近況報告。

当時はこんなに頭は上がってなかったんですが、K氏が健康に飼育をされたお蔭て、この魚のポテンシャルを十二分に引き出してくださったと判断できます。

Cimg1082

こうなるとは四歳になるまで分からないんです。

うちで飼いきれないなら、誰かに託して飼育を継続してもらう以外ないんですね。

らんちゅうの改良なんか、一人ではできませんよ。たとえ一人でできたとしても理解者がいなければ一代限りで、今までの労苦は無に帰してしまうんです。

かの自民党の石破氏も、今になって派閥を作るとか。(^^;) ←蛇足

Cimg1090

こちらも頭の質は非常に良いですよね。健康的に飼えていますね。

何よりもK氏の飼育技術の確かさとともに、忍耐強く飼育を継続されていることに素直に感謝したいです。

良い物を見せて頂きました。

こうでなくっちゃ遺伝の意味が分からなくなりますよね!





|

« 全残しの実際~9月の状況~ | トップページ | 宇野系らんちゅう品評会日程2015 »

【9】飼育関連」カテゴリの記事

コメント

はじめまして
日々興味深く拝見させていただいております

ツルツルの兜巾に憧れ、いつかはそんならんちゅうをと夢見ている毎日です。

長年育てることを想定した場合に
2歳3歳で凸凹のある瘤が見えていた頭が
滑らかな兜巾に育つことはあるのでしょうか
あるいは若いうちから滑らかな素質を持っているのでしょうか。

(素人な質問ですので公開いただかなくても結構です。恐縮です。)

投稿: のんびり | 2015年9月28日 (月) 22時17分

のんびりさん、はじめまして!

コメントありがとうございます。

一般のらんちゅうは、宇野系を含めてほとんどはツルツルになる形質をないがしろにしてきたので、そのようになりません、残念ながら。(^^;)

凸凹なら凸凹のままです。

二歳の秋になると、頭の上に四角いトキンがくっきり出てきます。

ではどうするか?

そのような形質を持った親から出ている子を入手することです。これに尽きます。

ご自分で改良しようとなると軽く10年は掛かりますよ。しかも一腹全部を残す覚悟でやらなければならないので飼育場所も必要ですね。

投稿: ふんぺい | 2015年9月30日 (水) 05時49分

ふんぺいさん

回答ありがとうございます。
理想とする形質の遺伝子を受け継いでいるか仔に会えるかどうかが重要なんですね。
自分としてはツルツルもないがしろにしないで~と思ってしまいました(^^;)

投稿: のんびり | 2015年9月30日 (水) 22時46分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/530767/62259325

この記事へのトラックバック一覧です: 良くなってる!:

« 全残しの実際~9月の状況~ | トップページ | 宇野系らんちゅう品評会日程2015 »