« “船底”の考察から思うこと(仮説)~実例を交えて~ | トップページ | 池リセット法~私の方法~ »

2013年10月13日 (日)

京都金鱗会見学@藤森神社

毎年なら天王寺公園の日本らんちゅう愛好会に行くのですが、今年は京都金鱗会へ。

20131013_114855

なかなかのド迫力の頭ですな! 親魚の上位に入賞した個体。

別角度は・・・

20131013_114903

こんな感じ。会長賞でした。ここまで派手は頭は近年品評会では見ないですね!それをちゃんと評価された審査員に拍手です!

古いタイプでも何でもないです。作ろうにも作れないのがこんな魚。どの魚より個性的でした。良いものを見せてもらいました。

|

« “船底”の考察から思うこと(仮説)~実例を交えて~ | トップページ | 池リセット法~私の方法~ »

【7】金魚全般」カテゴリの記事

コメント

こんばんは。

会長賞ですか!
凄いですね。

すばらしい魚がたくさん集まったのでしょうか?
親魚まで育てるのが凄いですしね。

ですが、僕の出したい会ではないようです。
もっと頑張ります。

投稿: 星の王子 | 2013年10月15日 (火) 01時19分

星の王子さん、こんばんは。
番付までしっかり見てなかったんですが、優等では無かったような・・・・。(^^;)
他の魚は従来通りの会魚でした。持って来られた方に聞いたんですが、どうやらこの個体だけが特異のようです。

先祖帰りではないでしょうが、元々持っている遺伝因子が何かの拍子で発現したことになります。このタイプが他に出ていなければ、これで仔を引いても中々出てこないかもしれませんね。

投稿: ふんぺい | 2013年10月15日 (火) 19時59分

ふんぺいさん、こんばんは。

何歳ぐらいでこのような感じに仕上がってくれればいいのでしょうか?

写真のような魚がたくさん泳いでいたら最高ですね。

投稿: 星の王子 | 2013年10月15日 (火) 22時20分

おはようございます。
宇野先生も仰っているように、それぞれの環境に合わせて仕上げればいいんですよ。
人が三歳で仕上げても、自分はじっくりと4歳で仕上げればいいんです。

投稿: ふんぺい | 2013年10月16日 (水) 07時06分

ふんぺいさん、こんばんは。

僕のところだと早くにハネていなくなる魚です。
じっくりと飼育しないといけないんですね。
勉強になります。

投稿: 星の王子 | 2013年10月16日 (水) 17時05分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/530767/58378746

この記事へのトラックバック一覧です: 京都金鱗会見学@藤森神社:

« “船底”の考察から思うこと(仮説)~実例を交えて~ | トップページ | 池リセット法~私の方法~ »