« 浜錦に想う | トップページ | 梅雨時の注意~雨水を入れない~ »

2012年6月28日 (木)

浜錦に想う(訂正他)

星の王子さんの書き込みから『金魚伝承 創刊号』を紐解いてみました。

情報ありがとうございます。

だいぶ私としても誤解していたようです。その記事を元に訂正と検証をしていきます。
これを読むとこの記事は、作出者の渡辺氏に直接取材しているんです。

私が読んで理解した“浜錦”とは、、

★“水泡状瘤は、水泡状の肉瘤である”と断定されている。

★頭部に二つの水泡状肉瘤が出来る個体を優品とする。

★パール鱗であること。

浜錦の規定はそれ以上でもなく、それ以下でもないようです。訂正してお詫びします。

Hama
『金魚伝承 創刊号』2002年ピーシーズ P60
これだけ瘤を接写した画像は見当たらない。詳細に観察すると、瘤は袋というよりも粒状瘤の総体と見受けられる。よって肉瘤(中身はコラーゲン物質)と推定される。

なんとまあ!結論はそういうことのようです。ん~なのになんでそんなに判りずらいことになっているのでしょう??(^_^;)

さらに周辺情報として、

1)浜錦作出者の渡辺氏は、もう作出をされていないものとばかり思っていましたが、2002年当時にも御健在で作出を続けられていたようです。今現在はどうされているのか?多分渡辺氏が育成された個体は流通しているのでは?

2)渡辺氏自身に取材しての記事なので、色々言われている話しよりここに書かれていることが真実であることは明白である。

3)上記の渡辺氏が浜錦と規定しているもの以外は、“高頭パール”として市場に出しているそう。

4)繁殖方法は、二歳!でハーレム状態で採卵。一対一で採卵しているわけではなく、さらに言うと二歳なので、親としてまだ未熟な個体で採卵されているのでは?

5)そのためか、“高頭パール”として出荷した個体から大成して浜錦と認められる形状に変化することがザラだとか。

6)パール鱗以外の普通鱗も出現するのでそれは淘汰の対象とか。

7)中国にも出荷されているようなので、浜錦形態の個体が逆輸入されているかもしれないということ。

8)きっとある一定の確率で浜錦形状は起こっているのではないか。中国は累代繁殖とか形態の固定あるいは維持という考え方が無かったのか。そこから渡辺氏がこの形態に注目してピックアップされたのは何にもまして功績でしょう。

しかし、記事から思うに、渡辺氏自体が随分ざっくりとされているようですね~。浜錦の混乱の直接の原因は氏にもあるように思われます。どちらかというと“浜錦”というブランドが独り歩きした感が否めません。

そして結果として、二つ瘤個体を純化しているわけではないようですね。

二つ瘤形状は不思議な形状ですねえ。なぜこのような形状になるのでしょう??水泡ではないとしたらこのような形状になるのは不可解としか言いようがありません。らんちゅうではこのような形状の個体は見当たりません。

中国では、肉瘤の形状を累代繁殖するようなことはしていないのでしょう。浜錦が登場してから僅か数十年で肉瘤が異常に発達する個体が出現するようになっているようですね。それだけこの形状は遺伝しやすいとも言えるのではないでしょうか。

いずれにしても、浜錦はこの記事前半にも書きましたように、他の品種には無い“二つ瘤であること”を浜錦の特徴とするべきではないでしょうか。それ以外は渡辺氏が高頭パールとして淘汰されているのですから、それ以上の詮索はいらないように感じます。

それにしても、はっきりと特徴が確認出来た親同士で採卵して欲しいです。そうすれば“二つ瘤”は保存維持され、さらに出現数も増大するのではないでしょうか。

結論として・・・・

浜錦は水泡状の二つの毬のような肉瘤であることが全てに先んじるとしたら判りやすいと思います。それ以外は極端ですが、高頭パールとしても良いかもしれません。それは部外者がとやかく言う問題ではないので私見とさせてください。

【補足】
発表当初よりその奇異性は際立っていたのでしょう。桜井氏も長澤氏も自分の金魚に対する常識の中で水泡と捉えたのかもしれません。逆に言うと、それだけ稀有であり突出した形質だったのだと思うのです。それならばそれで、もっと正しい知識として広める努力は当時浜錦と命名した清水氏にも責任の一端はあったのかもと思わざるを得ません。これだけ誤解されている金魚はありません。

先にも書いたように、親魚で浜錦としての特徴を如実に表現している個体での採卵を注意深く続けて行かないと、いずれ消失してしまう形質なのではないでしょうか。

|

« 浜錦に想う | トップページ | 梅雨時の注意~雨水を入れない~ »

【7】金魚全般」カテゴリの記事

コメント

はじめまして、いつも拝読させていただいております(書籍の方も)。ところで私は「元祖浜錦」と言われた魚と、詳細不明の「浜錦」や「高頭パール」を飼育していたことがあります。元祖の方は、頭は2コブだったと思いますが、若魚のせいか盛り上がりは今一つでした。透明鱗でないパール鱗で、真珠のようにキラキラと輝いており印象的でした。網透明鱗性のパール鱗であったのかもしれません。参考までに劣性透明パール鱗の1タイプと思われる交雑魚の動画を添付いたします。他の普通パール鱗魚たちと比べていただけると違いが分かり良いかとも思います。(関係ないかも知れませんが、宇野系の写真を拝見しているとなんとなく似たような雰囲気の鱗を持つものがいる気がします。)

他浜錦の肉瘤は、透明感のある水泡状タイプ(水泡と見紛う程プルプルと揺れていました。1コブでしたが、「金魚のすべて」の写真に近いかもしれません )と、ちょっと濁ったような固めのタイプ(「金魚の飼い方入門 」の写真と同系で、剥き栗のような見た目)があり、前者は瘤が膨らみ易く頭を下げ、後者の方が幅広の巨大頭をしているにもかからず泳ぎには支障がないようでした。
あくまで私感ではありますが、内容物の質あるいは濃度が異なるようでした。あるいは昔のラズベリータイプのオランダと、最近のアフロタイプのオランダの肉瘤表現の違いのようなものでしょうか。見た目の柔らかさの違いに比べ、実際の感触は大差なかったように記憶しています。

浜錦の肉瘤について具体的に書かれているのをあまり見かけたことがありませんでしたので、参考になるかどうか分かりませんが書かせていただきました・・

投稿: こがねのうを | 2012年7月13日 (金) 23時14分

こがねのうをさん、はじめまして。
実体験に基づいた貴重なご意見ありがとうございます。大変参考になります。

残念ながら動画は添付出来ないようで申し訳ありません。
パール鱗魚の意味ですが、一部宇野系と類似を示唆されているのは大変興味深いです。

肉瘤を二つのタイプに分けて観察されているのは大変有意義だと思いました。
●透明感のある水泡状タイプ
●ちょっと濁ったような固めのタイプ

>内容物の質あるいは濃度が異なるようでした。

まさに『透明感のある』は、内容物はどちらかというと粘度のある液状?
『濁った』ほうは、ゲル状?なのかもしれませんね。
こうなってくると、針で突いてどうなるか検証が必要でしょうね。でも仮に実行される篤志家が居ても鑑賞価値が無くなる可能性もあり、二の足を踏むでしょうね。でも誰かやって欲しいです。(^_^;)

同じ肉瘤を鑑賞対象の第一に考えるのなら、らんちゅうも浜錦も比較検証して見て行く必要があるのではないかという問題意識を持っています。

やっぱり飼育することが一番理解できますよね。全てが仮説の域を出ないのですから機会があったら飼育してみたいものです。

書き込みありがとうございます。これからもご意見よろしくお願いいたします。

投稿: ふんぺい | 2012年7月16日 (月) 07時07分

こがねうをさん、おはようございます。
投稿のお名前の部分をクリックするとYou tubeに飛びました。画像見れました。失礼しました。
ほんと、一部宇野系にも見られるタイプに近いですね。薄い色の玉鱗タイプですね。
大変参考になりました。

投稿: ふんぺい | 2012年7月16日 (月) 07時36分

ふんぺい様こんばんは。
やはり、宇野系に近い鱗タイプですか。私もずっと気になっていたので、確認していただいて良かったです。

ところで、水泡頭を落としてしまった際、別の魚が死魚の頭を貪っていた(失礼)のを記憶しています。確か水泡の皮の一部はあったけれども、中身はほとんど残ってなかったようでした。ですので、液状のものだったのかも知れません。

もう一方の方はちょっと思い出せませんが、たぶん触って感触を確かめただけだったと思います。

冷静に解体してみれば良かったのですが、魚が死んでしまうのは何度経験しても厭なもので、すぐに埋めてしまいました。

本日も、ある宇野系の稚魚「だけ」を全滅させているのに気付き、凹んでおります。留守中餌切りしていた筈なのに、同居させていた自家産魚が何か食べていると言う浜錦の場合と同じパターンでした・・。三日前までは元気に餌を食べていたのに・・虚弱体質なのでしょうか、宇野系は難しいですね。一度落としてしまうと、入手が更に困難なのが辛いです…

投稿: こがねのうを | 2012年7月17日 (火) 21時58分

こがねうをさん、こんにちは。
水泡頭は液状かも??
となると、これまでの推論は根本から再度考え直さなければならないかもしれませんね。(^_^;)

自分なりに、こんな堂々巡りに終止符を打つべく一つ方策を考えました。いずれ記事にしたいと思います。恐らく一年以上先のことですが・・・

こがねうをさんは、どちらにお住まいなんですか?良かったら遊びに来て下さいよ。宇野系に関しては書けないことも一杯あるんです。(^_^;)

投稿: ふんぺい | 2012年7月22日 (日) 12時33分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/530767/55072180

この記事へのトラックバック一覧です: 浜錦に想う(訂正他):

« 浜錦に想う | トップページ | 梅雨時の注意~雨水を入れない~ »