« 梅雨明けただぁ??!! | トップページ | シンポジウム »

2011年7月10日 (日)

数字で考える飼育規模と経験差の関係

事あるごとにインフラを整備しろと言いますけど、これを理解していただくために少しいやらしい数字を見ていくことにします。

まるで喫煙をやめさせるためのあの数字みたいに。。。。

「20年間喫煙をすると500万円を煙にしている」とか、「1年吸うたびに何カ月寿命を縮めている」とかなんとか。数字には変に説得力があるんですよね。

それをらんちゅう趣味に当てはめちゃうと・・・・・どうなるか。

飼育設備の規模で考えてみましょう。

毎日一つの池を管理世話する実際の時間を10分とします。それを3パターンで考えると、

A、3池の場合:3池×10分=30分

B、10池の場合:10池×10分=100分(1時間40分)

C、20池の場合:20池×10分=200分(3時間20分)

あなたがサラリーマンだったとしましょう。出勤で家を出るのを午前8時とすれば、

Aなら7時に起床してちょいちょいって世話すれば事足りますね。

Bは、6時起床なんで早起きって感じです。

Cなんかになると、4時過ぎに起きて用意しないと間に合わないってことです。

もうこうなってくると、飼育規模を聞いただけでその人の“らんちゅうに対する意気込み”は判ってしまうんですね。単純に計算してこうなんですから、それぞれ工夫もありますからどう短縮するかが勝負にもなってきます。

魚の見方も変わってきます。Aの人は、一つの個体を詳細に観察します。時間がありますからね。

BとCの人は、いちいちそんなことに拘っている時間はありません。どちらかというと一池の傾向をザッと見るようになります。一目見てその池の状態を判断するという、全体を把握する力が付いてきます。これをふんぺいは“一瞥力(いちべつりょく)”と名付けることにします。

Aは木を見て森を見ずという傾向が強いです。

一つの個体の細かい所に拘って詳細な分析をする愛好家は、どちらかというとAの人が多いです。魚もスペースの問題で少なくしなければならず、自ずと選別を厳しくすることを余儀なくされるので、個体ごとの良否にはシビアにならざるを得ません。腹ごとの傾向などはなおざりになるし、比較する対象が少ないので物理的に理解はできないし、残しておいて魚が変化することの真の意味を理解することは、なかなかできないと言えるかもしれませんね。

入門者は大体Aからはじめるわけですが、これでは“一瞥力”がないので魚の状態を即座に見る能力が付きません。結果として病気にして殺すことも多くなるのではないかと思うのです。殺せば何年やっても魚が見えるようにはなりません。

こんなことは現代の住宅事情から、物理的な飼育スペースの問題に触れるのは、タブー視されているようですが、本当のことを書かないと皆さん誤解されます。これが現実なんです。

そして、らんちゅうシーズンは4月から10月(7か月)と考えると、30日×7月=210日

A、一日30分×210日=6300分(105時間)

B、一日100分×210日=21000分(350時間)

C、一日200分×210日=42000分(700時間)

単純に一シーズンのらんちゅうを管理している時間は、AとCでは約7倍も違いがあるんです。これは必ず差として表れるとふんぺいは思います。飼育力というものは、こうやって見ていくと如実に差が出ることが判るのではないでしょうか。一年でこれだけ経験に差が出るんです。

ですから、この時間量から、こういう式が成り立つと考えられます。

飼育力=技術力=一瞥力=らんちゅうに対する取り組み度=経験値

Aの飼い方しか経験の無い人は、BやCの飼い方は判らないです。その逆はあります。Cの飼い方を経験すればAはなんてことはありませんね。

こうやって積み重ねは愛好家の質に跳ね返ってくると言えます。差は埋められるかというと規模の差は天才でなければどうにも埋まらないのが現実です。

ふんぺいがインフラ整備と、飼育環境の拡大を言う真意がそこにあるんです。隙間があったら舟を置く!これが極意なんです。

|

« 梅雨明けただぁ??!! | トップページ | シンポジウム »

【9】飼育関連」カテゴリの記事

コメント

隙間があったら舟を置くを実践して20面まで増やしてCの人になったツネゴンですが、正直この夏の暑さにバテバテで手に負えず増やし過ぎた事を後悔してます。何しろさら水が3日で深緑になるんで堪りませんwobblyだけどまだ池が欲しいです。後少なくとも10面は、

投稿: ツネゴン | 2011年7月11日 (月) 00時32分

ツネゴンさん、こんばんは。
まあ、毎日毎日水換えですよね~(^_^;)
青水から更水に魚を上げて、まじまじと見る。すると魚が変わっているのに気が付く。
これが楽しみ。
また頑張ろうって気になりますよ。
水換えを苦行と考えないで、楽しみとしてやるとだいぶ違いますよ。

眠りに付く前に寝床で、「明日はあそこの池から換えよう。」なんて考えながら寝るのもいいですよ~

投稿: ふんぺい | 2011年7月12日 (火) 20時01分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/530767/52149745

この記事へのトラックバック一覧です: 数字で考える飼育規模と経験差の関係:

« 梅雨明けただぁ??!! | トップページ | シンポジウム »