« 図解『らんちゅうを分析する』~その2~ | トップページ | 『いのちドラマチック』を視て~福羽イチゴ~ »

2011年2月 6日 (日)

宇野式飼育法~池にあわせて魚を飼う~

宇野先生が晩年確立された飼育法を、以前訪問した古老の言を借りてお話します。

その古老は、忠実に飼育法を真似ておられたようです。以下をご覧ください。

1.小さい時、出来るだけ抑える。金魚のいい悪いを選るより、池に比例した金魚を置く。

2.明け二歳、120センチ角の池 150尾から180尾置く。最低120尾なかったら駄目。

3.二歳秋で80尾。

4.三歳春で40尾。

5.三歳秋で25~30尾。

極意はどこにあるのか?

1の“金魚のいい悪いを選るより、池に比例した金魚を置く”にあると思います。これが出来ない! そうでしょ?このブログをご覧になっているベテランも、されていないのでは?

当歳を小さく飼うのは、会用に当歳時50尾を切る数まで減らしてしまうより、格段に飼育法が難しいです。嘘だと思うなら試しに実践してみてください。

ということは、当歳では最低限の選り仔(フナに戻るものをハネる)以外はしないことになりますよね。そして当歳時点で“いい悪いを選らない”んです。池の大きさに合わせて飼うだけなんです。その真意は、魚が変わるから当歳時点で勝手なバイアスを掛けないということだと理解しています。『決めつけない!』ってことなんでしょうね。

古老曰く、“宇野系は三歳にならないとランチュウにならない”

なんと含蓄のあるお言葉!

で、そうだとすると、私たちが出来るように飼育法をアレンジしてみると・・・・(池に比例して置くを)

1.1メートル角の水槽で、当歳時100尾を基準とする。(容量200リットル)

2.二歳秋 50尾

3.三歳春 40尾

4.三歳秋 20尾

ぐらいと考えてはどうでしょうか。

100リットルなら二分の一なんで当歳時、50尾を基準にしては?
但し!水量が減れば水質悪化も急激ですよ。全滅させることが増えます。十分お気をつけて。

古老は三歳秋を完成とされていましたが、普通は四歳で良いと思いますよ。

いかがでしょう?目から鱗でしょ?

何故今、このようなことを申し上げるかというと、ふんぺいがある程度実践して実感したからなんです。『小さく飼え』の真意を、皆さん相変わらず誤解されている方も多いようなんで、少し目安を出しておけば、この春、新しい試みをして気付かれる方も少なからずいるのでは?と思うのです。

|

« 図解『らんちゅうを分析する』~その2~ | トップページ | 『いのちドラマチック』を視て~福羽イチゴ~ »

【7】金魚全般」カテゴリの記事

コメント

いい親を残していくには、場所・数が必要なんですね。

先日のブログの図解1~2も大変参考になりました。

投稿: 背番号8 | 2011年2月 6日 (日) 10時03分

このところ書き込みもせずに読んでばかりでした。
今日のはぐっと来ましたね。うちでどこまでできるか、とにかく持てるだけ飼うことはできるようになってきましたから、ちびでもいいから頑張ってみます。今年は水量をアップさせますよ!一気に160リットル増える予定です。嫁さん目玉飛び出るで!

投稿: 団長アラカワ | 2011年2月 6日 (日) 21時52分

背番号8さん、おはようございます。
場所が居るんです。そして数を残してそこから良くなって来るのを残すようにするんです。これは中々出来ることじゃないですよ。

団長アラカワさん、おはようございます。
160リットルあるとだいぶ違いますよ!楽しみですね!

投稿: ふんぺい | 2011年2月 7日 (月) 07時15分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/530767/50779999

この記事へのトラックバック一覧です: 宇野式飼育法~池にあわせて魚を飼う~:

« 図解『らんちゅうを分析する』~その2~ | トップページ | 『いのちドラマチック』を視て~福羽イチゴ~ »