« 用語の混乱を超えて~“宇野系”にまつわる用語の変遷~ | トップページ | 獅子頭らんちゅうと普通のらんちゅう »

2010年10月12日 (火)

日本らんちゅう愛好会品評会にて

10月10日に天王寺公園にて「日本らんちゅう愛好会」の品評会がありました。

本年は手ぶらで、専ら一年に一回お会いする人達との会場でのお話のために参加です。ほんと七夕みたいですね!その他知人も多数来ていたので話し込んでばっかりで、魚をおちおち見ていないんですよね。

で本年は知り合いの魚のご紹介にとどめます。

Dsc_1698
二歳魚で、このブログでもコメントを入れて頂いているにしきさんの持魚です。

頭の目下からの張り出しが前に向けて派手ですね!以前親で優等を獲った魚を彷彿させますね。

そして
和歌山のYさんの入賞魚
Dsc_1700_2
和歌山では優等だったそうですが、こちらは少し順位が下でした。このあたりは審査員のさじ加減なんでしょうね。順位を下げたからと言っても良魚には変わりありません。

Dsc_1701
こちらも二歳です。ある会のY先生の仔だそうです。なるほど面影がありますね!
種としての資質が判ると思うんですよね。

みなさん、また来年会いましょう!! ってまた他の品評会で顔を合わす人は今度は勇気を出して声を掛けてくださいね。

来週は日本愛らん会のカメラ係を仰せつかっているので見かけたらどうぞ~

|

« 用語の混乱を超えて~“宇野系”にまつわる用語の変遷~ | トップページ | 獅子頭らんちゅうと普通のらんちゅう »

【7】金魚全般」カテゴリの記事

コメント

ふんぺいさん こんばんは
にしきの魚、掲出ありがとうございます。
いいアテが出ましたので、みなさんご議論ください。褒め殺しより、ボロカスに言ってください。実物がなければ…とにしきは思います。特に親になったときが、どうでこうで、種にはどうでこうで、これは何筋でどうでこうでと瞑瞑言ってくださって結構です。
よろしくお願いします。

投稿: にしき | 2010年10月12日 (火) 18時28分

皆様日曜日はお疲れ様です。


素人の私が見ても、上位は惚れ惚れする個体ばかりです。


≫にしきさん

会場でご挨拶出来なくてスイマセン。

写真の個体素敵です。

投稿: 背番号8 | 2010年10月12日 (火) 19時39分

おはようございます。

にしきさん、そんじゃ遠慮なく私から・・・(^_^;)

頭に関してはトキンがもう少し乗ってくれれば申し分ないと思います。これはこれからどう変わるか見たい部分ですね。

胴は、にしきさんの技術で巾を見せていると思うのですが、もうひと巾見せてくれると良いように思います。

尾付けも綺麗に太く見せてますし、尾はこの構えなら親まで十分持つので、絶対親で見せる魚になると思いました。

こんなところでいかがでしょう?(^_^;)

投稿: ふんぺい | 2010年10月15日 (金) 09時17分

ふんぺいさん 先日はお疲れ様でした。

言葉を交わさせて頂いたのは最後のお別れの時でしたね^^;お声を掛けて頂いて有難うございました!!〇〇〇〇さんは新聞を持って頑張られておりましたが・・・

にしき様の魚は写真に納めさせて頂きましたが 面識がありませんので声をかけることは出来ませんでした。 さすがににしき様だな~としか言えません!!
僕の飼育でしたら 欠点だけが引き立った魚になってるでしょうね!恐縮です!!

投稿: sukai | 2010年10月15日 (金) 19時28分

背番号8さん
コメントありがとうございます。
にしきは、人見知りしませんのでお気軽にお声をかけてください。

ふんぺいさん
痛い処を突かれました。この魚、横見で背の出だしは決して高くないのですが、写真のとおり背巾を見せてくれません。上見で「平とう背の巾」を見せてほしいものです。来年以降種としての仕事をしてもらわななりませんのでまた、四歳以降皆さんにお披露目したいと思います。
ちなみにこの魚の種雌は、平成20年日本らんちゅう愛好会二歳の部一等賞のべた赤のチビ尾の素赤です。

sukaiさん
にしきは会をお祭りと考えています。戦場ではさびしいですからねぇ。魚を通じての人と人の出会いを楽しみたいと思います。機会があればお声をお掛けください。


投稿: にしき | 2010年10月16日 (土) 14時43分

にしき様 

僕も会に対して同感であります。魚を通して和気藹々というのが趣味として一番の楽しみ方と思っております。声を掛けさせて頂きますのでその時は宜しくお願い致します。

投稿: sukai | 2010年10月16日 (土) 23時23分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/530767/49719901

この記事へのトラックバック一覧です: 日本らんちゅう愛好会品評会にて:

« 用語の混乱を超えて~“宇野系”にまつわる用語の変遷~ | トップページ | 獅子頭らんちゅうと普通のらんちゅう »