« “選別”のコペルニクス的転回 | トップページ | “宇野系らんちゅう度(仮)”という基準を考えると »

2010年10月 4日 (月)

おめでとう!F氏

鶴来の会の速報が入りました。

名前出しちゃってもいいんでしょうけど見事なんで紹介しちゃいます。

Photo_2

いや~近年まれに見る良魚ですね!「二歳魚会長賞」だそうです。

頭のメリハリといい、胴の質も一級品。尾もちゃんと付いています。これが二歳??って感じですよね。事前に見せてもらっていたんですが、かなり良い線行くでしょうって言ってたんですがやっぱり評価されたんですね。良かった良かった。

四角いトキンがどこまで大きくなるのでしょうね。今から楽しみですね。いずれにしても種をしっかり守られた成果なんだと思うんですよね。面影としてK氏の魚にも似ていますね。同腹の兄弟も良いのが出てるんですよね。

会用の魚のレベルがこれぐらい高いと、種がどれほどか窺い知れますね。

このレベルの魚はほんと見ないですよ。

|

« “選別”のコペルニクス的転回 | トップページ | “宇野系らんちゅう度(仮)”という基準を考えると »

【7】金魚全般」カテゴリの記事

コメント

いい魚ですね。いい種魚を持っているから、こういう魚が出るんでしょうね。親がどんな魚なのか拝見したいです。

投稿: 団長アラカワ | 2010年10月 5日 (火) 10時24分

Fさんからお話を聞きました。Fさんが永年に渡り飼育していた鶴来の筋だそうです。どうやら飼育方法をコペルニクス的に転換された様です(笑)とある審査員の方からも『こういったらんちゅうを残して下さい』と言われたそうで喜んでいらっしゃいました。これもFさんのらんちゅうに対する永年の研鑽のたまものでしたですねぇ 本当におめでとうございます。

投稿: ツネゴン | 2010年10月 5日 (火) 10時38分

どうーもです(*´v゚*)ゞ
ふんぺいさん このブログに祝掲載頂きありがとうございます。そして皆さんはじめまして・・かなぁ? でもないか?(*^-^) この魚(実際はもう少し薄め)は7cm程度で兄弟魚の中でも小さめです。昨年秋から“前も拡がりえらい薄いヤツがいるなぁ~”って感じで目を付けてました。こちらでは良く出てくるタイプで、おじさんも同類です。飼い方次第で色も揚がったのでしょうけど、あるデータを残したかったゆえに、気にせず進めた結果、鶴来の二歳で一番小さく&薄い魚でした・・・。まぁ、これからも注目していきたい魚でもあります。・・ということで、たまに出没するかもしれません、今後とも宜しくお願いします・・・ね。

投稿: こばん | 2010年10月 6日 (水) 13時58分

こばん殿、おめでとうごじゃります。しかし、その薄さ故に有らぬ筋の金魚と見まちがわれたとの事、複雑なる心中御察し申し上げまするweepしからば拙者がその様な金魚で御座らん事を証明いたしたいところじゃがふんぺい師匠に又、ご迷惑をお掛けするといかんのでこれ迄にいたしまする。此度は、慶賀の到りでまする。

投稿: ツネゴン | 2010年10月 7日 (木) 00時18分

こばんさん、コメントありがとうございます。

色はもっと薄いんですか!!??
これ以上薄いと私の想像を絶してますね(^_^;) ゆえに少し加工したんですけどね。

これも玉鱗ですねえ~
良い感じです、ほんと。

投稿: ふんぺい | 2010年10月 7日 (木) 16時09分

こんばんは
好い魚ですねぇ。見ていて春夏 □ 冬いですねぇ。武道でいうところの「後の先」と云ったところでしょうか? しっかり自分の手元に種がなければ会魚は繋がりませんからねぇ。

投稿: にしき | 2010年10月 9日 (土) 01時14分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/530767/49649584

この記事へのトラックバック一覧です: おめでとう!F氏:

« “選別”のコペルニクス的転回 | トップページ | “宇野系らんちゅう度(仮)”という基準を考えると »