« 寒い!! | トップページ | 誰も知らない宇野仁松 »

2010年1月16日 (土)

叩き池とFRP池

寒い日が続きますね。

前も申しあげたようにうちは年中エアレーションを掛けています。

青水が澄まないようにというのと、凍らないようにと思いまして・・・・

ところがこれだけ寒いとやっぱり凍るんです。

Dsc_1382
こんな感じで薄く氷が張ります。エアーのブクブクのところだけ氷が割れています。エアーを止めて止水状態にしますともっと氷が厚くなります。

Dsc_1383_2

このようなFRP池が凍る状態でも、実は叩き池は凍らないんです。
同じ水量で気象条件はほぼイコールなのに、これだけの差が出るんですね。叩き池の水温の上下動の緩慢さが魚には良いのが判るかと思います。この少しの差は普段飼育している時には体感できない違いになるんだと思うんです。魚の出来を左右する環境とはこんなことなんだと思うんですよね。

|

« 寒い!! | トップページ | 誰も知らない宇野仁松 »

【9】飼育関連」カテゴリの記事

コメント

FRPとタタキだと結構かわるもんですね・・
こっちは猛烈に寒いのでどちらでも凍ってしまうでしょうけどそこにいたるまでの温度変化の差が重要なんでしょうね。
今年は寒くて松かさ状になってしまう
明け2歳が結構いて頭を悩ませています・・・

投稿: 上州 | 2010年1月19日 (火) 22時55分

上州さん、おはようございます。

良く考えてみれば著名な宇野系の愛好家は皆さん叩きをお持ちなんですよね。もしくは水温変化にすごく敏感になって工夫されている。何かそこにヒントがありそうですね。

松かさはどうしても出ますね。どういうメカニズムで発症するんでしょうね。それが判れば出ないようになるんでしょうけど。

投稿: ふんぺい | 2010年1月20日 (水) 08時15分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/530767/47298144

この記事へのトラックバック一覧です: 叩き池とFRP池:

« 寒い!! | トップページ | 誰も知らない宇野仁松 »