« 閑話休題 | トップページ | 宇野仁松の青磁 »

2009年2月 5日 (木)

更紗オランダの極み

もうかれこれ7年前。寺崎氏の池を覗かせて貰った時、池の中に華が乱舞していました。まさしく華でした。更紗オランダ、見事に咲き誇っていたんです。長い尾をしゃなりしゃなりとたなびかせて綺麗な着物を着た貴婦人の如く。

もしかしたら更紗にふさわしいのはオランダシシガシラなのかもしれません。更紗らんちゅうでは味わえない色の極み。色の動き。

これを作るのに随分と白が出たそうです。でもいいですねえ~ このようなことが出来る人は寺崎氏しかいないとその時思いました。

2_2 1

|

« 閑話休題 | トップページ | 宇野仁松の青磁 »

【7】金魚全般」カテゴリの記事

コメント

確かに美しいオランダですねぇ!ふんぺい師匠が浮気したんも分かります(笑)だけど優美で美しいオランダはどうしてらんちゅうほど盛り上がらんのでしょうねぇ!おそらくオランダの方が鮒に近いから!?なんでしょうかね(-_-;)

投稿: ツネゴン | 2009年2月 5日 (木) 21時54分

ツネゴンさん、おはようございます。
基本的に飼育する人が少ないんですよね。裾野を広げないといけないんでしょう。
ご指摘のようにフナにより近いのかもしれません。人が近づくとバーっと逃げちゃいます。馴育が難しい品種ってことはより自然種に近いと思いましたよ。因みにオランダは差しを残すんです。ということは数が減りません。従って場所がいります。基準が曖昧だから個人の好みで魚を残すことになるので偏りが出ます。その人の癖が出て収拾がつきませんという印象でした。

投稿: ふんぺい | 2009年2月 6日 (金) 08時19分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/530767/43965021

この記事へのトラックバック一覧です: 更紗オランダの極み:

« 閑話休題 | トップページ | 宇野仁松の青磁 »