« アルビノから類推する | トップページ | 目を肥やすということ »

2009年1月21日 (水)

論外の取り扱い方法

毎度このブログにお付き合いいただいてありがとうございます。

このブログ、自分で言うのもなんですが、取っ付きにくい人は本当に取っ付きにくいと思います。らんちゅうを始めたばっかりの方は馴染みにくいだろうなって思いながらやってます。ネットの世界って情報が氾濫していてどれを取捨選択したら分からないのも無理ないです。この玉石混交の情報から自分に役立つ情報を抜き出すことってなかなか出来るもんじゃないですよね。

それも得てして真の情報はネットの外にあることのほうが多かったりします。ネットは入り口と割り切って欲しいですね。昔はその入り口すら探し出すのに何年も掛かっていたんですから、ネットってその入り口を難なく探すという意味ではすごいことなんですよね。だからネットで全て分かったような気になって欲しくないです。

何故またブログなんて始めようって気になったかは、気まぐれもあるんですが、サイトが休止状態の中(ある意味サイトの当初の役目は終わったと思っている)、書籍などに情報発信の場を移した関係上、ふんぺいの思想背景などをお知りになりたい方も増えるんじゃないかと思ってやりはじめたんですね。書籍で書ききれなかったことなども補足できたらなんて思ってね。なんであんなことふんぺいは言うんだろう?とかを少しでも理解していただきたいんですよね。

私は映画好きなんですが、映画って監督で同じ題材でも作品にすると全然違ったものになるんですよね。するとその監督の周辺情報から今までの作品を見て、より一層その監督を知りたくなるんです。私が敬愛する監督は、やっぱり黒澤明、小津安二郎、市川昆。
外国ならスタンリー・キューブリック、フェデリコ・フェリーニ、リドリー・スコットなどなど。
同じことなんです、それと考え方は。私のらんちゅう仲間にもこんな話しはしたことないですけど・・・

らんちゅうや金魚に関して、ネットでもお目にかからない情報や考え方を「こんなのもあるじゃない」「こんな考え方したら面白いじゃん」みたいな提案やヒントになればって思っているんですよね。

だから『ふんぺいの周辺情報』で、より楽しんでいただこうというサービス精神のつもりなんですよ!受け取り方はさまざまでしょうけど、そんなつもりなんで、らんちゅうを中心に置きながらいろいろ脱線していって、それに文章にすると頭の中もまとまり易いんで、そーしてるわけです。

なんで、コメントもウェルカムです。但しメールでお答えしたほうが良いものには責任を持って返信させていただきます~

|

« アルビノから類推する | トップページ | 目を肥やすということ »

【1】告知」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/530767/43808836

この記事へのトラックバック一覧です: 論外の取り扱い方法:

« アルビノから類推する | トップページ | 目を肥やすということ »